12th Feb2012

GYU-DON – 牛丼

by ddd5150

Gyudon
GYU-DON – 牛丼


牛丼
(ぎゅうどん)とは、薄く切った牛肉(バラ肉や切り落とし、小間切れなど)をタマネギとともに甘辛く煮込み、丼に盛った飯の上に載せた料理。後述のすき焼き丼の名残でしらたきを一緒に煮込むこともある。

付け合せとして紅ショウガ、七味唐辛子、生卵などが好みに応じて使用されることもある。

 【概説】
明治時代の文明開化により牛肉を食べる習慣が広まり、大衆向けに考案された牛めしが原型となっている。牛丼は牛鍋をどんぶり飯にかけたものですき焼き丼なども同類とされる。1862年に関東初の牛鍋の中身を丼にしたのが始まりといわれ、大正から昭和初期に牛スジの煮込みを使った屋台料理として浅草で人気を呼び、本格的な完成を見たとされる。すき焼きの名残である糸こんにゃく、焼き豆腐、葱などを入れる店舗もあるが、大手の牛丼チェーンでは牛肉、タマネギのみが乗せられる場合が多い。「牛丼」というネーミングは吉野家の創業者である松田栄吉によるものとされている(1899年創業)。

1973年から吉野家がファーストフードのひとつとしてフランチャイズチェーンを展開したことで一般に親しまれるようになり、その後、養老乃瀧、松屋、すき家、なか卯、神戸らんぷ亭などが牛丼(牛めし)をチェーン展開した(「養老乃瀧」は後に牛丼からは撤退)。1993年当時、ダイエーグループの神戸らんぷ亭が恵比寿に一号店の出店を発表した際、セゾングループの吉野家が即対応し、2軒隣に吉野家恵比寿駅前店を開店した。

牛丼は醤油ベースで調味されることがほとんどであるが、神戸らんぷ亭が2010年1月25日に発売した日本初の「塩牛丼」は味付けに塩ダレを使用している。また、神戸らんぷ亭は、「味噌牛丼」も期間限定で展開している。

丼物では蓋をすることによって蒸気で丼内を蒸らす状態となり、全体に味を浸透させる効果もあるが、牛丼チェーン店ではコストダウンや「早い・安い」提供を行う方向性などの理由から蓋が省かれている。

「Wikipedia」より抜粋→ 牛丼

 

個人的には吉野家が好みだな。

12th Feb2012

ランニングマシンで走りまくる2匹のネコ

by ddd5150

neko

 

 飼い主さんが少し意地悪ですね~

 

12th Feb2012

[YAKI-TORI] – 焼き鳥

by ddd5150

yakitori焼き鳥 [YAKI-TORI]

鍋や壺などの調理器具を用意しなくても加熱が可能なあぶり焼きという方法は、古代から行われており、山野で得た獲物を食べるには都合のよい方法と言える。しかし、大きい鳥の丸焼きは調理に時間がかかると共に骨があるために食べにくく、料理店で出すに際して、肉を小さく切って、串に刺す方法に移ったものと考えられる。

現在の日本において、焼き鳥は、多くの場合、焼き鳥屋という専門店で供されている。焼き鳥屋の多くは、庶民的な居酒屋の一種と見なされている。焼き鳥屋では、焼いた各種鶏肉とともに鶏の様々な部位も供する。ネギ、タマネギ、シイタケ、ぎんなん、ニンニクなどを一緒に使うものもある。スズメなどの小鳥を切らずに串焼きにしたものも同じく焼き鳥と呼ばれる。

「Wikipedia」より抜粋→ 焼き鳥 [YAKI-TORI]yakitori

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】